良質で新鮮なコーヒー豆を選んで下さい

美味しいコーヒーの保存方法

コーヒー豆は鮮度が命です。
この鮮度とは焙煎してからのことを指します。
新鮮な豆はアロマガスがたっぷりと詰まっています。
このアロマガスにコーヒーの香りや旨みが含まれています。

焙煎して時間が経つとアロマガスは揮発してしまいます。
コーヒーのアロマガスは揮発性が高いので、
常温にコーヒー豆を置いておくとどんどん失われ、
挽き豆にするとさらに抜けてしまいます。

真空にすれば大丈夫かと思いきや、
ガスは出続けるので袋がパンパンになりますし、
バルブ付きの袋だと袋は膨らみませんが、ガスはやはり抜けてしまいます。

じゃあ、美味しいコーヒーを飲むにはどうすればいいのか?
それは、一度にたくさん買わずに、
少しずつ新しい豆を買って飲むのが一番です。

コーヒーの保存方法

美味しいコーヒーの保存方法

アロマガスは冷温だと抜けにくい特性があります。
ですので冷蔵庫などで保存することをおすすめします。
また冷蔵庫は臭いが移りやすいので、
密閉した容器などに入れ保存してください。
例えばビニール袋やタッパ、ジップロックなどにに入れて保存すると良いです。
そのときに、保存した日時を書いておくと後で分かりやすいですよ。
もう少し長く保存するときは「冷凍庫」に入れて保存すると、
豆の場合で1~2ヶ月くらい、挽き豆でも2〜3週間程度持つようです。

しかしいくら日持ちするからといって、
やはり「味・香り」を楽しんでいただくためには、
2週間分くらいをこまめに、
できれば「豆」でお買い求めいただくのが一番です。